お給料日まであと2週間・・・お金がない!

28歳、現在結婚を機に退職し専業主婦をしています。

学生時代から付き合って10年の交際をへて結婚しました。旦那はプロミス学生ローンをバンバン利用っするようなお金にいい加減な人でしたが、今は堅実になっています。

数ヶ月前に妊娠が発覚したため、近頃はベビー用品やマタニティ用品をインターネットで見ながらいろいろな想像をする日々を送っています。

私は結婚し一緒に住むようになってから主人に毎月生活費をもらっており、そこから食費や日用品、お小遣いや細々とした交際費などを捻出するようにしています。

主人は決して多くのお給料をもらっているわけではありませんが、お給料の多くを渡してくれ、余裕のある生活費だと思います。

ですが、なぜかお給料日の2週間ほど前になると・・・ないのです。お財布の中のお金が。

あれ?と思って最近は家計簿アプリなどで入力しているのですが、それでも生活費はキッチリ使い切るか、もしくはマイナスになり主人に追加でもらってしまいます。

私なりに原因を考えてみたところ、やはり大元は妊娠にあると思いました。

妊娠したから、産後はなかなか外にご飯に行けないから今のうちに友達と遊びに行こう!

妊娠したから、産後は病院も行けないから歯医者に通って悪いところは全部治してもらっておこう!

妊娠したから、産後は美容院に行けないからカットと、カラーと・・・

というように、産前バブルとも言えるような状態が続いているからかもしれないと考えるようになりました。

その産前バブルの悪いところは、私だけでなく主人もその状況になっているというところです。

この赤ちゃんのおもちゃが可愛い!この赤ちゃんの洋服が素敵!この育児書必要だね!この名付けの本も必要だね!赤ちゃんのためにソファーも買い換えようか・・・など

金額の大小に関わらず、ついつい購入するためのハードルが下がってしまうのです。

けれどこのままだと、赤ちゃんが生まれたらバブルが崩壊して破産してしまう勢いです。

このままではこれから生まれてくる赤ちゃんが危ない!と、一念発起し、お金に困らないための対策を考えました。

まず、産後必要になるお金は貯金でなく、貯蓄型の保険で貯めていくということです。

主人も私も終身保険に入り、毎月支払いをすることで無理やり貯金をします。

あとはとにかくメモ用紙をフル稼働し、必要かどうかを考えてから買うようにしました。

この洋服はもう3枚持ってるからいらないね!など。普通ならそんな話し合いがなくとも大丈夫な夫婦が多いと思いますが、私たちはわざわざ紙に書き出し、話し合いをしてから購入する癖をつけるようにしています。

可愛い我が子のために、毎月少しなら衝動買いもいいよ♪という余裕を持てるように頑張っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です